セミリタイア兄さんの独り言

セミリタイアの日常を綴っています。

スポンサーリンク

ストイックにリタイア生活を送る

おはようございますなごみです。

 

最近の私はというとストイックに生活している。

 

まずはダイエット、基本的に水しか飲まずに、昼食は、うどんかサラダの軽めのメニュー。そして日課のジムでの3キロのジョギングと筋トレ。

 

ジムから帰ったら宅建の勉強が始める。

明日は通学の講座なので今日は予習が必要だ。

 

今の所勉強は順調と言える。

 

特に去年、行政書士の勉強(途中で諦めた)をしていたので民法に苦手意識がない。

 

何となくペースが掴めてきている感じがする。

 

ジムに行く前は1日中自宅でダラダラしていたので、やっぱり外出先があるとメリハリがつく。

 

セミリタイアは何もかも自由なので己が試される。

 

今後のリアル商売もいろいろ構想してみたが、やはり投資で少しでも稼ぐ力を身に付けたい。

 

何よりも投資が求めている全ての条件に当てはまる。

 

自宅で可能。人と会わずに済む。自己完結可能。

 

そもそも人と関わるのが煩わしいからリタイアしたのに、リアルビジネスでも起こして、客とトラブルになったらそれこそ本末転倒だ。

 

一歩一歩進んでいきたい。

ダイエット経過報告

どうもなごみです。

 

今日の朝は野暮用を済ませてジムに行ってきた。

 

体重と体型がヤバイ事になってきたため、ジムに加入しダイエットを開始。

昼ははなまるうどんの小か、すき家のライト牛丼にしている。

運動メニューは軽い筋トレとジョギング3キロがメインだ。

 

2週間経過後の結果は。。。

 

ダイエット開始時84.3キロ。現在は82.0キロ。せめて70キロ台にしたい。

 

特に腹から胸元にかけての脂肪がヤバイ。

 

道はなかなかに厳しい。

 

俺の大卒に意味はあったのか・・・

どうもなごみです。

 

今日は天気が良いが、遊ぶ友人がいないため自宅で過ごしている。

 

やっぱり自分の家が一番落ち着くぜ。

 

今日は少し、自己紹介を。

 

俺は、高校を進学校に選んだものの、勉強に関しては落ちこぼれで、

彼女とセックスばかりしていた。

 

好みではなかったがセックスさせてくれるので付き合った最低な男でもある。

 

高校生活残り半年でこのままではヤバイ事に気づき、猛勉強の末、いわゆる人並みの県外の大学に進学する事ができた。

 

入学当初はモチベが高く、頑張るのだが次第にダラけて、大学にも行かずにバイトしたり昼夜逆転したりしていた。

 

それでも誰にも怒られないし注意もされないから何となく3年間、サークルしたりバイトしたり単位を取ったりと一応エンジョイしていた。

 

しかし就職活動の途中で将来の不安からノイローゼになり、やがて、うつ病のような症状が出始めた。

 

内定欲しさに商品先物の会社も受けたりして完全に判断力が麻痺した状態だった。

 

そして内定もなく、卒業だけして地元に帰ってきた。

卒業できただけでも奇跡だと思っている。

 

その後、両親に連れられ精神病院に入院して、統合失調症と診断された。

 

今でも薬が欠かせず通院している。

 

俺の大学生活は一体何だったのか今でも疑問だ。

 

新卒で就職しなければ大学なんてほぼ意味ないし、あれほど熱望した一人暮らし&キャンパスライスがこんな形で終わるなんて夢にも思わなかった。

 

自分には輝かしい未来が待っていると思っていた。

 

それなら大学など行かずに最初から地元の専門などに行けばこんな事にならなかったのかと悔やんだ日々もあった。

 

セミリタイアした今では何が正しかったのかは分からない。

 

ただ、病気になったのは完全に己の弱さから来たものだと思っている。

 

自分がもう少しメンタル的に強い人間だったらと思う。

 

不動産がなかったら今頃生活保護だったと思う。

 

人生とは紙一重の所で最後には運がものをいうみたいだ。

 

私はギリギリの所で何とかなったけど、そうならない人達も大勢いる中で、

恵まれた環境にいる事を感謝したい。

 

スポンサーリンク